歯科技工士との連携による自然な美しさ

信頼と熟練のテクニック

インプラントや審美歯科など、精度の高さが求められる歯科技工物には、歯科技工士の技術と感性、そして歯科医師ときめ細かな連携が必要です。当院の院長は「イメージどおりの補綴物を実現したい」と考え、開院当初は院内に歯科技工室を作り、指示を実現する歯科技工士を招聘しました。医院の増築に伴い、歯科技工室も同じ敷地内に移転・拡充しました。

院内歯科技工士と同じ感覚で、型採りしたあとも速やかに模型が作れますから、精度の高い補綴物ができあがります。また高い審美性が求められるものは、患者さんの歯の色や雰囲気を歯科技工士がチェックして、より希望に近いものを製作します。そのため、補綴物を装着したあとの噛み合わせなどもスムーズで、患者さんの満足度も高く、好評です。

セラミックを用いて美しい口元をつくります

セレックセレック(歯科用CAD/CAMシステム)は、お口の中に装着する補綴物や修復物の設計、加工に用いられる複数の装置をCADやCAMの技術を用いて統合したシステムのことです。

今まで手作業で行っていた歯科技工の一部をコンピュータ制御の機器に置き換えることで、作業の効率化が図れ、コストも低く抑えることができるようになりました。当院では、気軽に審美性の高いセラミックの補綴物を低価格で手に入れていただけます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください