怖くない、痛くない工夫で痛みの少ない治療を心がけています

痛みの少ない治療

当院の院長は「自分はもともと臆病者で、痛いことや怖いことが大嫌い」と語ります。ですから当院は、自分が患者さんの立場ならば、されたら痛いこと、怖いこと、イヤなことはやらないのが基本的な方針です。患者さんが痛い思いをすることは、歯科医師もスタッフも行いたくないのです。治療の際は、患者さんの痛みはできるだけなくす"痛みの少ない治療"を目指しています。

痛みの少ない治療表面麻酔、笑気ガス、ペンレス(テープ式表面麻酔)など、痛みを少なくする方法は積極的に取り入れています。また、患者さんの呼吸に注意して息を吐いた瞬間に注射したり、歯ぐきを少し引っ張るようにして注射したりするなど、細かい診療技術を駆使しています。もちろん針や麻酔薬も温めて、体温との温度差がないようにしています。お口の中で使う薬などはすべて歯科医師やスタッフが試し、患者さんに不快な思いをさせないようにしています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください