院長は小児歯科治療の専門家

小児歯科

当院の院長は小児歯科学で博士号を取得すると共に、人間の行動心理を学び、日本歯科心身医学会にも所属しています。歯科治療を怖がるお子様の視点から、怖がらないためにはどうしたらよいか、歯科医院に慣れてもらうためにはどうしたらよいかを考えています。不安感や恐怖心をお持ちのお子様にも無理矢理治療をすることなく、じっくりとお付き合いいたします。

最初は「待合室でお口だけ診て歯磨きの練習」、次は「診察室の入口まで」、その次は「診察室内のチェアまで」というように、段階を経て少しずつ慣れてもらうトレーニングを行います。これにより、ほとんどのお子様は次第に歯科医院に慣れ、お口を開けて治療させてくれるようになります。ほかの歯科医院では治療ができなかったというお子様も、当院ではお口を開けて治療させてくれるようになるのが自慢です。

歯医者さん嫌いな子も治療が受けられるように

小児歯科「歯医者さんが怖い」「歯磨きはイヤ」そんなお子様にも、子ども好きなスタッフがやさしく楽しく声をかけます。まずは歯科医院に慣れてもらい、少しずつ怖さやイヤな気持ちを取り除いて、ケアができるように進めていきます。

初回は慣れることを優先して、お友だちのお話をして仲よくなり、好きな食べ物や生活を知り、ライフスタイルやパーソナリティを把握することに努めています。そして、お子様の年齢に合わせて、自分で歯磨きができるようにブラッシング指導を行います。併せて、保護者の方への仕上げ磨きのアドバイスも行います。

できるところまで、段階的に
むし歯で痛がっている場合などは、最小限の治療だけを行います。もちろん、泣いてしまうお子様でも無理に押さえつけて治療することはしません。不安な気持ちが消えるまでじっくり待ち、お子様のペースに合わせて少しずつ治療を進めます。

小児歯科治療を頑張ってくれたお子様には「よく頑張ったね」と褒めて、バイバイと送り出します。努力を認めて褒めることで、お子様の歯科治療に対する苦手意識を少しずつ解消し、歯を大切にする気持ちを育んでいきたいと考えています。

むし歯予防メニュー

フッ素塗布むし歯予防メニュー
歯にフッ素を塗るむし歯予防法です。歯科医院では市販の歯磨き剤の約10倍のフッ素を使います。大人の予防習慣と同じように、ぜひ3か月に一度来院してください。フッ素を塗る回数の多いお子様ほどむし歯が少ない傾向があります。 また生えてから2年以内の歯にフッ素を塗ると、特に高い効果が期待できます。

シーラントむし歯予防メニュー
奥歯などに多い歯の溝の部分をシーラントと呼ばれる粘着力のあるプラスチックで埋めて、むし歯になりにくくする予防法です。歯の溝には、食べ物のカスなどが溜まりやすいため、シーラントを埋めることでむし歯になりやすい状態を防ぐことが可能です。6歳臼歯には特に有効です。

お母さんご自身も安心して治療を受けてください

小児歯科「小さい子どもがいるから自分の歯科治療を受けることが難しい」と悩まれるお母さん方が多いようです。しかし、妊娠・出産中のホルモンバランスの変化により、歯や歯ぐきにダメージを受けたり、育児の大変さから歯磨きが行き届かず、むし歯や歯周病になりやすかったりするもの。小さいお子様連れのお母さんにこそ、歯科治療を受けていただきたいと考え、当院では開院当初に託児室を設けました。

現在託児室はお休みしていますが、小さいお子様もスタッフ全員で見守りますので安心してご来院ください。お母さんと一緒に通院することで、自然にお子様も歯科医院に慣れるようになります。どうぞ親子で来院してください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください