ほかの歯や噛み合わせを守るためのインプラント

インプラント

インプラント治療は、失った歯の機能を回復する治療の1つで、第3の歯とも言われる画期的な治療法です。歯を失った部分に人工歯根(インプラント)を埋入し、それを土台として人工歯を被せます。あごの骨の中にインプラントが定着しますので、失われた歯を元のように再現し、自然で美しい見た目と十分な噛み心地が得られ、天然の歯と遜色のない噛み合わせが取り戻せます。

インプラントの素材にはチタンが使われています。チタンは人間の体になじみやすく、人体に安全な素材として知られ、整形外科の人工関節や骨の固定などの分野でも幅広く使われています。インプラントの場合も、歯ぐきの粘膜と結合しやすく、毒性が少ないので安心です。

ほかの歯を守る、1本目のインプラントインプラント
入れ歯やブリッジといった従来の治療法は、残っている歯や歯ぐきに負担をかけて寿命を短くしてしまい、お口全体の健康を損なうことがあります。その点インプラントは、ブリッジのように両隣の歯を削らず、入れ歯より自然で安定した噛み心地を再現することができます。

当院では、ほかの歯を守り、お口全体の健康を維持するために有効な治療法としてインプラント治療を行っています。特に1本目の歯をなくされた場合は、歯ぐきなどの状態や患者さんのご希望にもよりますが、残った歯を守るためにインプラントをご提案するケースが多くなっています。

<インプラント治療のメリット>
・ほかの歯に支えてもらう必要がないため、周囲の歯を削ったり力の負担をかけたりすることがない
・硬いものも噛むことができ、異物感などもない
・発音が安定し、しゃべりやすくなる
・天然歯と区別がつかないほど自然な歯並びとなる

<インプラント治療のデメリット>
・外科的な手術が必要
・通常のブリッジや入れ歯と比べると高額
・ある程度以上の骨が残っていない場合は治療できず、骨移植を必要とすることもある

●インプラント治療が向かない場合
・妊娠中の方
・ほかの歯根に感染症のある方、重篤な歯周病の方
・あごの骨の少ない方、骨粗しょう症の方
・糖尿病や高血圧など全身疾患のコントロール不良の方
・チタンアレルギーの方
・あごの骨の成長が終わっていない方
・タバコを吸う方
・定期的なメンテナンスに通院できない方

安心と安全に配慮した治療を行っています

インプラントインプラント治療に際しては、歯科用CTを用いて診査・診断をしっかりと行っています。従来のレントゲン撮影では平面の画像情報しか得られませんでしたが、CT撮影を行うことにより、3Dの立体的な画像情報が得られます。

歯科CTによる骨密度・大きさ・方向など、精度の高い診査に基づいてインプラント埋入手術を行いますので、手術も短時間でスムーズに終わります。患者さんの負担も少なく、安心してインプラント治療を受けていただくことができます。

治療の質の高さにもこだわっています

ノーベルバイオケア信頼できるインプラントメーカーを選ぶことが必要と考え、当院では、信頼性・歴史・実績から世界で最も高く評価されているメーカーから、患者さんの状況に合わせて選択しています。

またインプラントの上に被せる人工歯(上部構造)にもこだわっています。歯科技工士との連携で、ほかの歯と色を合わせて自然な美しい形に整え、患者さん一人ひとりに最適なものをご提供し、多くの方から喜ばれています。

治療後は、メンテナンスでインプラントを維持

メンテナンスインプラント埋入後は、クリーニングや噛み合わせの調整などをしっかりと行う必要があり、定期的なメンテナンスがとても重要です。インプラントの大敵は、歯ぎしりなどで横向きにかかる力と汚れです。歯ぎしりや食いしばりをしがちな方、お掃除が行き届きにくい方には、こまめなチェックが必要です。

当院では、患者さんの症状やご要望に合わせてインプラント埋入後のメンテナンスをご提案し、無理なく効果的なお掃除やケアが続けられるように配慮しています。年間3回以上の定期検診とクリーニングを受けた方に限り、自費治療の詰め物、被せ物を5年間保証いたします。

インプラントの再生治療

インプラント患者さんの血を採血し、遠心分離機にかけて成長因子を取り出し、歯槽骨の中に注入する治療法も行っています。新しい骨ができやすい、腫れが少ない、出血が止まりやすくなるなどの効果があります。また、患者さん自身の血液から抽出したものですから、副作用の心配もありません。注目されている再生医療の1つです。

インプラント治療の流れ

【1】診断と治療計画インプラント治療の流れ
まずインプラント治療が可能かどうかを判断します。治療が可能と判断された場合は、診査に基づき治療計画を立ててご説明します。費用や手術のことなどもお気軽にご相談ください。

次にインプラントを埋め込むあごの骨の形や硬さ、噛み合わせを診査するためにお口の中の型を採ります。あごの骨の大きさや骨の質を検査するため、レントゲン撮影、CT撮影も行います。当院ではインプラント治療を適切に行うために、必ずCT撮影を受けていただくようにお願いしています。

次へ
【2】インプラント埋入(一次手術)インプラント治療の流れ
局所麻酔を行い、あごの骨にネジの形をしたチタン製のインプラント(人工歯根)を埋入します。これが新しい歯の土台となります。手術後、数日間はわずかな腫れが残りますが、痛みはほとんどありません。

次へ
【3】治癒期間インプラント治療の流れ
インプラント埋入後、インプラントが歯肉で覆われ、骨とインプラントが一体化するのを待ちます。通常3~6か月かかります。

次へ
【4】アバットメント連結(二次手術)インプラント治療の流れ
インプラントが完全にあごの骨と一体化したあと、2回目の手術でインプラント体にアバットメントという部品を取り付け、その後歯肉の治癒を待ちます。

次へ
【5】上部構造(人工歯)の製作、装着インプラント治療の流れ
歯肉の治癒後、アバットメントの型採りを行い、上部構造(人工歯)の製作を行います。前歯などのケースでは、一度仮歯を入れて噛み合わせの経過を観察します。問題がなければ、最終的なセラミックの人工歯を装着します。

次へ
【6】治療終了後のメンテナンスインプラント治療の流れ
治療後は、定期的に術後1か月、3か月、6か月にメンテナンスを行い、お口の中の衛生環境を保ちます。その後は、患者さんの症状に合わせて毎月~6か月間隔で定期的にメンテナンスに来ていただきます。

インプラントとほかの治療法の比較

ブリッジとの比較インプラントとの比較
ブリッジを入れるには、両隣の歯を大きく削る必要があります。場合によっては神経を取ることもあります。インプラントは、両隣の歯はそのままでよいので負担もありません。

バネを用いた入れ歯との比較インプラントとの比較
取り外しタイプの入れ歯の場合、残っている歯に金属のバネをかけて支えています。違和感があり、お手入れも難しくバネが見えるので見映えもよくありません。数年のうちにバネを支える歯が移動したり、グラグラしたりすることがあります。さらに加齢に伴い、入れ歯の下のあごの骨が痩せて入れ歯と合わなくなり、作り替える必要が出てくることが少なくありません。

インプラントでは、失われた歯根部分の骨に人工歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。残っている歯に負担はかからず、インプラントが入っていることであごの骨が吸収される(痩せる)のを防ぐので、ほかの歯はむしろ保護されます。

総入れ歯との比較インプラントとの比較
総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたりずれたりすることがあります。そのため、食べ物を噛むために十分な力をかけることができません。噛む力はインプラントの数分の1と言われています。

インプラントは取り外しのわずらわしさがなく、あごの骨に固定されているので力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください