【歯周病治療】歯周病こそ予防と定期検診が必要

歯周病歯周病は知らない間に進行する怖い病気です。症状を感じにくいため、歯ぐきの腫れ、口臭、歯のぐらつきなどの自覚症状を感じる頃にはかなり進行している可能性が高く、気がついたときには治療が難しくなってしまうケースも多いのです。そのまま放置すると歯を失う可能性がありますので、早期発見・早期治療が重要です。

歯を失う主な原因は歯周病
歯周病の主な原因は、細菌による感染です。歯と歯肉の間にある歯周ポケットなどで菌が繁殖することで歯肉に炎症を起こし、徐々に歯を支える骨や組織を溶かしてしまいます。しかも痛みなく進行し、痛みが出たときは、病状がかなり進行しています。40歳以上で歯を抜かなければならないのはむし歯ではなく、実は歯周病が主な原因なのです。

歯周病の主な原因となる歯石は、毎日歯磨きをしていても完全に取り除くことはできません。そこで当院では「予防こそが最高の治療」と考え、歯周病にかかってしまう前や初期症状であるうちに定期的にメンテナンスを受けてお口の健康を守っていただきたい、と考えています。また、歯周病が治ったあともとても再発しやすいので、できるだけこまめにメンテナンスを受けていただきたいと考えています。

歯周病のセルフチェック
あなたも歯周病?歯周病のセルフ・チェックシートでチェックしてみましょう。

□ 硬いものを噛むとき、歯に力が入らない
□ 歯を磨くと、歯ぐきから出血する
□ 歯ぐきを指で押すとぶよぶよする
□ 歯並びが変わったように見える
□ 強く噛んだり指で押したりすると歯が動く
□ 歯磨きしているのに歯肉がネバつく
□ 歯が長くなったように見える
□ 冷たい水を口に含むと歯がしみる
□ 歯磨きしているのに口臭がする

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください