院長は小児歯科治療の専門家

小児歯科

当院の院長は小児歯科学で博士号を取得すると共に、人間の行動心理を学び、日本歯科心身医学会にも所属しています。歯科治療を怖がるお子様の視点から、怖がらないためにはどうしたらよいか、歯科医院に慣れてもらうためにはどうしたらよいかを考えています。不安感や恐怖心をお持ちのお子様にも無理矢理治療をすることなく、じっくりとお付き合いいたします。

最初は「待合室でお口だけ診て歯磨きの練習」、次は「診察室の入口まで」、その次は「診察室内のチェアまで」というように、段階を経て少しずつ慣れてもらうトレーニングを行います。これにより、ほとんどのお子様は次第に歯科医院に慣れ、お口を開けて治療させてくれるようになります。ほかの歯科医院では治療ができなかったというお子様も、当院ではお口を開けて治療させてくれるようになるのが自慢です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください