【当院の小児矯正の特徴1】成長に合わせた矯正

小児矯正小児矯正はお子様の成長と共に行う必要があり、途中でお子様が嫌がったり装置が負担となったり、さまざまな問題が起こることがあります。当院では、快適に矯正治療を続けられるようにお子様の負担をできるだけ軽くし、自然で美しい歯並びを手に入れ、充実した学校生活を送ることができるように、さまざまな工夫を行っています。

当院では、小児歯科で噛み合わせのチェックを行い、姿勢やクセなど悪い習慣がついていないか、しっかり噛めているか、鼻呼吸ができているかどうかを診て、歯並びに問題がある場合は6歳頃から矯正治療を始めることをおすすめしています。

お子様一人ひとりの適切なタイミングを見極める
子どもの成長のプロセスは個人差があり、歯並びの問題もそのお子様それぞれで違ってきます。たとえば上あごは神経型、下あごは一般型で成長するため、上あごと下あごは成長のスピードが違い、上あごと下あごの矯正に適した時期も異なります。そこで、当院では歯並びや骨格の成長のスピードを見極め、そのお子様に最適なタイミングでの矯正治療をご提案します。

●スキャノンの発育曲線
スキャノンの発育曲線

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください