矯正装置の種類

ムーシールド矯正装置の種類
乳歯列期に受け口(反対咬合)を改善する装置です。筋機能を正常化して咬合の乱れを整えるもので、就寝中にマウスピース型の矯正装置をくわえるだけという簡単な方法ですので、小さいお子様にも負担が軽く、取り組みやすいところが特徴です。

床矯正装置矯正装置の種類
取り外しのできる矯正装置の1つ。お口の裏側や粘膜部につけるプラスチック製の床部分(レジン床)と、表側の歯を抑える金属線で作られた装置です。レジン床にバネやネジを埋め込むことで歯を移動します。乳歯、あるいは乳歯と永久歯の混ざった混合歯列期の不正咬合の処置によく用いられます。

バイオネータ矯正装置の種類
ワイヤーとプラスチックでできている装置で、下あごが後退していることが原因で噛み合わせが悪くなっている不正咬合の歯列矯正を行うために用いられます。歯列そのものには大きな乱れはないが、いわゆる出っ歯になっている、といったケースに適しています。成長期の筋肉の動きを利用して矯正するため、8~13歳頃のお子様にしか適用できません。主に自宅にいる間など1日10時間程度は装着し、食事のときは外すことができます。

リンガルアーチ矯正装置の種類
歯の裏側に装着するタイプのアーチ上の装置です。金属でできた針金状のもので左右奥歯に1本ずつ維持バンドと呼ばれる輪状の留め金を引っかけ、歯の裏側に装着します。矯正装置を歯の裏側につけるため、外から見た場合にあまり目立たないというメリットがあります。1~2本の歯の位置異常や軽度な前歯の反対咬合などに用いられます。

チンキャップ・ヘッドギアー矯正装置の種類
どちらも顎外装置で、頭や顔を覆う形の歯列矯正装置です。きちんと装着時間(1日12時間以上)を守れば、上下顎の位置やバランスを改善する確実な効果が得られます。

クワドヘリックス(上顎拡大装置)矯正装置の種類
歯がきれいに生えそろうスペースが十分にない場合に、上顎骨の幅を拡げる目的で用いる装置です。W字型をしたステンレスやコバルトクロム合金のワイヤーを左右の奥歯に引っかけて、歯の裏側から歯列の内側に固定する装置です。歯列ではなく、上あごの幅を拡げることが主な目的です。思春期前後の身長の伸びのよい時期に装着すると効果がありますが、あごの成長が終わってしまったあとではあまり効果が望めません。

マルチ・ブラケットシステム矯正装置の種類
マルチブラケット装置は、矯正装置として用いられるワイヤーを結びつけるための器具で、粒状の装置の溝にワイヤーを通して歯を1本ずつ固定し、直接歯を動かします。矯正装置としては最も一般的なものです。以前は金属製のものだけでしたが、最近では目立ちにくく耐久性も高いセラミックやジルコニア素材を用いたものもあります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください