矯正が必要な不正咬合について

不正咬合とは、上下の歯が適切に噛み合っていない状態全般を指します。歯列が乱れているものから、あごそのものがずれていることが原因のものまで、さまざまな種類があります。

叢生(乱杭歯)不正咬合
あごが小さいため、歯がきれいに生えそろうために必要なスペースが十分確保できず、歯と歯が重なるように生えるために、歯並びがでこぼこしている状態です。いわゆる八重歯は、犬歯が歯列からはみ出して生えている状態であり、叢生の一種です。不正咬合の中で日本人に一番多いタイプです。

上顎前突(出っ歯)不正咬合
上の前歯だけが前方に出ている場合と、上あごのズレが原因で歯が前に出てしまっている場合があります。日本人に多いのは前歯だけが前に出ているケースです。

下顎前突・反対咬合不正咬合
下の歯が上の歯よりも前に出ている噛み合わせです。歯の噛み合わせだけが反対の場合と、下あごの骨のズレが原因の場合があります。

開咬不正咬合
上下の歯をしっかりと噛み合わせた状態のときに、前歯や側面の歯が噛み合わずにスキマが空いて、舌などが見える状態を言います。

過蓋咬合(ディープバイト)不正咬合
噛み合わせが著しく深い状態のことです。上下の歯を噛み合わせたときに、上の前歯が下の歯を覆ってしまい、まったく見えないようなケースです。放置すると顎関節症になる場合もあります。

交叉咬合(クロスバイト)不正咬合
奥歯の噛み合わせがずれ、上下の歯を噛み合わせたときに上下の歯列がどこかで交叉している状態のものです。

空隙歯列(すきっ歯)不正咬合
歯と歯の間にスキマが空いている状態です。お子様のすきっ歯の場合は成長と共に自然とスキマが閉じることがありますが、大人のすきっ歯の場合は矯正治療が必要です。
 

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください