金属アレルギーを防ぐメタルフリー治療

金属アレルギー銀歯などに使われる金属は経年と共に唾液に溶けてイオン化し、体内に入ります。体内で異物とみなされることでアレルギー反応が起こり、皮膚のかゆみなどさまざまな症状が発生します。これが金属アレルギーです。

金属が溶け出すことで歯ぐきが黒ずみ、見た目が悪くなることもあります。またイオン化した金属は血液によって全身に運ばれるため、口内炎や皮膚トラブルなどいろいろな症状が現れます。

●こんな症状はありませんか?
・歯科治療を受けてから調子が悪い
・口内炎が治らない
・手や顔の皮膚トラブルがある
・指輪などの金属製品でかぶれる
・歯ぐきが黒ずんでいる
・最近、口の中で金属の味がする

金属を取り除いて健康にメタルフリー
金属アレルギーを起こす可能性のあるお口の中の金属を取り除き、セラミックなどの安全な素材に変えることを「メタルフリー治療」と言います。セラミックは硬度が高く丈夫で、長く使用しても成分が溶け出して体に悪影響を及ぼすことがありません。金属アレルギーが心配な方、金属アレルギー症状に思い当たる方は、ぜひ当院にご相談ください。

●金属アレルギーの原因となる金属
水銀、パラジウム、ニッケル、すず、クロム、コバルト、アルミニウム、亜鉛、ロジウムなど。これらは歯科で使用される金属にも含まれています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください