セレックも導入し、保険診療でも審美性を重視

セレック昔入れた銀歯や変色したプラスチックの詰め物を気にされる患者さんは多いようです。当院では、保険診療においてもできるだけ白い材料を使い、審美性に留意しています。

セレックによる小臼歯の治療も実施
従来、中心から数えて3番目(前歯)の歯までは保険診療で白い補綴物を装着することができましたが、2014年4月の保険改定で申請をした歯科医院は、セレック(歯科用CAD/CAM装置)によって作られた白い補綴物(CAD/CAM冠)を小臼歯(4番目・5番目)に保険診療で装着できるようになりました。

●セレック(歯科用CAD/CAMシステム)とは
補綴物や修復物の設計・加工に用いられる複数の装置をCADやCAMの技術を用いて統合したシステムのことです。今まで手作業で行っていた歯科技工の一部をコンピュータ制御の機器に置き換えることで、作業の効率化が図れ、コストも低く抑えることができるようになりました。

<セレックのメリット>
・丈夫で見た目も美しいセラミック製の補綴物が短時間で作れる
・型採りをしなくても補綴物が作れる
・治療後すぐにオールセラミック修復物を製作し、即日での修復が可能
・1回の通院で、白いセラミックインレーに置き換えることができる

セレックでの治療の流れセレック
【1】歯を削ったあと、3Dカメラで口腔内を撮影します
次へ
【2】コンピュータの3D画面上で修復物を設計します
次へ
【3】設計データをもとにミリングマシンが加工しますセレック
次へ
【4】できあがった補綴物を口腔内にセットして完了です

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください