インプラントとほかの治療法の比較

ブリッジとの比較インプラントとの比較
ブリッジを入れるには、両隣の歯を大きく削る必要があります。場合によっては神経を取ることもあります。インプラントは、両隣の歯はそのままでよいので負担もありません。

バネを用いた入れ歯との比較インプラントとの比較
取り外しタイプの入れ歯の場合、残っている歯に金属のバネをかけて支えています。違和感があり、お手入れも難しくバネが見えるので見映えもよくありません。数年のうちにバネを支える歯が移動したり、グラグラしたりすることがあります。さらに加齢に伴い、入れ歯の下のあごの骨が痩せて入れ歯と合わなくなり、作り替える必要が出てくることが少なくありません。

インプラントでは、失われた歯根部分の骨に人工歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。残っている歯に負担はかからず、インプラントが入っていることであごの骨が吸収される(痩せる)のを防ぐので、ほかの歯はむしろ保護されます。

総入れ歯との比較インプラントとの比較
総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたりずれたりすることがあります。そのため、食べ物を噛むために十分な力をかけることができません。噛む力はインプラントの数分の1と言われています。

インプラントは取り外しのわずらわしさがなく、あごの骨に固定されているので力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください