インプラント治療の流れ

【1】診断と治療計画インプラント治療の流れ
まずインプラント治療が可能かどうかを判断します。治療が可能と判断された場合は、診査に基づき治療計画を立ててご説明します。費用や手術のことなどもお気軽にご相談ください。

次にインプラントを埋め込むあごの骨の形や硬さ、噛み合わせを診査するためにお口の中の型を採ります。あごの骨の大きさや骨の質を検査するため、レントゲン撮影、CT撮影も行います。当院ではインプラント治療を適切に行うために、必ずCT撮影を受けていただくようにお願いしています。

次へ
【2】インプラント埋入(一次手術)インプラント治療の流れ
局所麻酔を行い、あごの骨にネジの形をしたチタン製のインプラント(人工歯根)を埋入します。これが新しい歯の土台となります。手術後、数日間はわずかな腫れが残りますが、痛みはほとんどありません。

次へ
【3】治癒期間インプラント治療の流れ
インプラント埋入後、インプラントが歯肉で覆われ、骨とインプラントが一体化するのを待ちます。通常3~6か月かかります。

次へ
【4】アバットメント連結(二次手術)インプラント治療の流れ
インプラントが完全にあごの骨と一体化したあと、2回目の手術でインプラント体にアバットメントという部品を取り付け、その後歯肉の治癒を待ちます。

次へ
【5】上部構造(人工歯)の製作、装着インプラント治療の流れ
歯肉の治癒後、アバットメントの型採りを行い、上部構造(人工歯)の製作を行います。前歯などのケースでは、一度仮歯を入れて噛み合わせの経過を観察します。問題がなければ、最終的なセラミックの人工歯を装着します。

次へ
【6】治療終了後のメンテナンスインプラント治療の流れ
治療後は、定期的に術後1か月、3か月、6か月にメンテナンスを行い、お口の中の衛生環境を保ちます。その後は、患者さんの症状に合わせて毎月~6か月間隔で定期的にメンテナンスに来ていただきます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください