ほかの歯や噛み合わせを守るためのインプラント

インプラント

インプラント治療は、失った歯の機能を回復する治療の1つで、第3の歯とも言われる画期的な治療法です。歯を失った部分に人工歯根(インプラント)を埋入し、それを土台として人工歯を被せます。あごの骨の中にインプラントが定着しますので、失われた歯を元のように再現し、自然で美しい見た目と十分な噛み心地が得られ、天然の歯と遜色のない噛み合わせが取り戻せます。

インプラントの素材にはチタンが使われています。チタンは人間の体になじみやすく、人体に安全な素材として知られ、整形外科の人工関節や骨の固定などの分野でも幅広く使われています。インプラントの場合も、歯ぐきの粘膜と結合しやすく、毒性が少ないので安心です。

ほかの歯を守る、1本目のインプラントインプラント
入れ歯やブリッジといった従来の治療法は、残っている歯や歯ぐきに負担をかけて寿命を短くしてしまい、お口全体の健康を損なうことがあります。その点インプラントは、ブリッジのように両隣の歯を削らず、入れ歯より自然で安定した噛み心地を再現することができます。

当院では、ほかの歯を守り、お口全体の健康を維持するために有効な治療法としてインプラント治療を行っています。特に1本目の歯をなくされた場合は、歯ぐきなどの状態や患者さんのご希望にもよりますが、残った歯を守るためにインプラントをご提案するケースが多くなっています。

<インプラント治療のメリット>
・ほかの歯に支えてもらう必要がないため、周囲の歯を削ったり力の負担をかけたりすることがない
・硬いものも噛むことができ、異物感などもない
・発音が安定し、しゃべりやすくなる
・天然歯と区別がつかないほど自然な歯並びとなる

<インプラント治療のデメリット>
・外科的な手術が必要
・通常のブリッジや入れ歯と比べると高額
・ある程度以上の骨が残っていない場合は治療できず、骨移植を必要とすることもある

●インプラント治療が向かない場合
・妊娠中の方
・ほかの歯根に感染症のある方、重篤な歯周病の方
・あごの骨の少ない方、骨粗しょう症の方
・糖尿病や高血圧など全身疾患のコントロール不良の方
・チタンアレルギーの方
・あごの骨の成長が終わっていない方
・タバコを吸う方
・定期的なメンテナンスに通院できない方

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください