生まれ育った岡崎で開院しました

院長あいさつ

皆さん初めまして。ヒロデンタルオフィス院長の山本裕康です。
私は、この岡崎の地で生まれ育ちました。父と祖母が医師で、医療に興味がありました。さらに"物を作ること"が好きだった私は「楽しそうだから」と考えて歯学部に進みました。学生時代から、小児期から咬合を誘導する矯正治療に興味があり、発育や育成を学びたいと考えて小児歯科に進み、小児の咬合誘導や小児矯正を専門的に学びました。

臨床経験を積みたいと勤務した大学の先輩のクリニックでは、多くのお子様たちの小児矯正からご高齢の方の入れ歯治療まで、数多くの多様な症例に出会い、学びを深めました。

2005年に、チェア3台という規模で「ヒロデンタルオフィス」を開院。開院以来、副院長、スタッフ共に力を合わせて頑張ってきました。信頼するパートナーである副院長は妻で、大学の後輩です。おかげさまで多くの患者さんに来ていただけるようになり、増築して今日に至ります。

多くのお子様たちから元気をもらっています院長あいさつ
日々の診療の中で、特に印象に残るのは子どもたちです。治療やクリーニングを終えて、バイバイと元気に手を振ってくれるお子様たちの笑顔を見ると、疲れが吹き飛びます。

開業して約10年。赤ちゃんだった子が活発な小学生に育ち、こんにちはと来院してくれる。そんな成長を見守ることができるのは、地域に根差した歯科医院ならではの喜びだと思います。これから20年、30年と時を重ねるにつれ、もっと多くのお子様たち、そして多くの患者さんとの出会いが増え、さらなる喜びが増えていくのだろうと期待しています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください