安心と安全のための、万全の感染対策

感染対策

感染対策は、目で見てわかるものではありません。だからこそ手を抜かず、当たり前のこととして、毎日院内設備の環境整備に努めています。器具、機材は適した滅菌方法で院内感染を防止し、スタッフも常に清潔の徹底を意識して行動しています。

患者さんが触れる場所や治療に使う器具などは1回ごとに徹底的に滅菌するのはもちろん、お口の中に入るものはすべて滅菌します。また、患者さんが使う紙コップやエプロン、ドクターや歯科衛生士が使う手袋や注射針などは、1回の治療ごとに使い捨てるディスポーザブルタイプを使用しています。

この地域で最初に切削器具用オートクレーブを導入

オートクレーブ確実に感染対策を行うため、最新型の歯科用オートクレーブ滅菌器「DAC Universal」などの高度なシステムや機器を導入しました。手では難しい器具内部の隅々まで洗浄を行い、厳密に完全滅菌しています。歯科医師やスタッフ自身も、安心して安全に気持ちよく働ける環境を目指し、一般の歯科クリニックレベルよりハイレベルな感染対策、環境整備を行っています。

歯科外来診療環境体制を施設基準として整備しています

●医療安全対策指針を策定し、指針に則った「医療安全マニュアル」に沿って院内感染の確立に努めています。
●院内感染対策指針を策定し、院内感染の防止に努めています。
●歯科衛生士が配置され、適正な業務に当たっています。
●安心・安全な歯科医療環境の提供を行うため、下記の装置・器具を有しています。
 ・AED(自動体外式除細動器)
 ・経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
 ・酸素(人工呼吸、酸素吸入用)
 ・血圧計
 ・救急蘇生キット(薬剤を含む)
 ・歯科用吸引装置
●緊急時には、岡崎市民病院との連携が取れています(緊急の際には電話連絡の上、車両で搬送します)。
●災害などの緊急時には、当院スタッフの誘導に従ってください。

【殺菌水生成器】ポセイドンで院内の給水ラインを除菌

当院では、ポセイドン(歯科ユニットウォーターライン除菌装置)を導入しています。
医療器具や手の洗浄はもちろん、歯の治療や患者さまがお口をゆすぐ水など、院内すべての場所で除菌された水が使われています。

ポセイドンとは?
院内で使われるすべての水を除菌するシステムです。
ポセイドンを導入することにより残留塩素濃度を補正し、ユニットの給水管内の除菌能力を維持することで、より衛生的な歯科治療を可能にします。

ポセイドン

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください