白く美しい歯をお手軽に

ホワイトニング

白い歯は、美しい口元の象徴です。しかし、歯を白くするという市販の歯磨き粉を使っても、表面の汚れはキレイに落とせますが、タバコのヤニやコーヒーなどの着色汚れはなかなか取れません。歯の色に対してコンプレックスがあるために、人目を気にして思いっきり笑えないという方もいらっしゃいます。

当院では、歯磨きだけでは取れない黄ばみや歯のくすみが気になるという方のために、ホワイトニングメニューもご用意しています。ホワイトニングは歯を削ることもなく、専用の薬剤で歯を漂白して黄ばみやくすみをなくし、白く美しい歯を取り戻す人気の方法です。特に当院ではしみにくい薬剤を採用していますので、安心して治療を受けていただけます。

笑顔をもっと素敵にするために、歯の着色でお悩みの方にはホワイトニングをおすすめします。また、歯肉の黒ずみを漂白する歯肉のホワイトニングも行っています。

お得なキャンペーン実施中

1回7,000円からのメニューをご用意しています。
2回目以降、平日12時と14時半の1時間は6,000円~!

詳しくはお電話でお問い合わせください。0564-65-8214

当院の3つのホワイトニングメニュー

ホワイトニングには3つの方法があります。それぞれに特徴があり、患者さんの歯の状態などによって適する方法も異なります。どの方法を選ぶかは、歯科医師までご相談ください。

オフィスホワイトニングホワイトニングメニュー
歯科医院にて行う方法です。専用の薬剤を歯に塗布し、特殊な光を照射して歯を白くします。

<オフィスホワイトニングのメリット>
・短期間の施術で歯を白くできる(通院回数は、通常1~4回)
・大きな効果が得られる

<オフィスホワイトニングのデメリット>
・色が戻りやすい

ホームホワイトニングホワイトニングメニュー
自宅で行う方法です。歯型を採って製作した患者さん専用のマウスピースに専用の薬剤を入れ、1日1~2時間程度お口に装着して歯を白くします。

<ホームホワイトニングのメリット>
・色が戻りにくい
・自宅で手軽にできる

<ホームホワイトニングのデメリット>
・白くなるまでに時間がかかる

デュアルホワイトニングホワイトニングメニュー
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。2つの方法を組み合わせる、それぞれの長所を兼ね備えた理想的な方法です。

<デュアルホワイトニングのメリット>
・最も効果が高い
・効果を長持ちさせることができる

<デュアルホワイトニングのデメリット>
・オフィスとホーム、両方の治療費がかかる

ホワイトニングの流れ

ヒロデンタルオフィスのホワイトニングの流れ
ヒロデンタルオフィスでは、「納得診療」を心がけ、患者様とじっくりお話をする時間を大切にしています。こちらではホワイトニングを含めた当院の診療について、処置・治療を行うまでの流れとともにどのようなご相談をするのか、その内容をご紹介します。

1.問診票をご記入いただきます
歯の気になるところや全身の健康状態、ご予約のご希望などを問診表にご記入いただきます。

次へ

2.あなたのお話をお聞かせください
歯の気になるところや治したいところなどを直接お話ください。理想の歯の形や色、歯並び、どこを治したいか、どれくらいの費用で治したいかなど、じっくりお話を伺います。専用のカウンセリングルームで行いますので、リラックスしてご相談いただけます。

次へ

3.必要な検査、診断を行います
患者様のお口の状態に応じて、虫歯検査や歯周病検査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯並び検査などを行い、診断します。患者様の負担がなるべく少なくなるよう、検査機器にもこだわっています。

次へ

4.現在のお口の状態を、ご説明します
口腔内写真やレントゲン写真、模型などを用いて、現在のお口の状態をわかりやすくご説明します。
※ただし、強い痛みや腫れなど、優先して治療すべき部位がある場合は、くわしいご説明は後日に行うこともあります。

次へ

5.ご一緒に処置・治療プランを考えます
ご自分のお口の中なのに、いつどこを、どのように治療したのか覚えていない......。優先して治療したい部分があるのに、言い出せない......。患者様のそんなストレスをなくすため、処置・治療をする範囲、方法、順番などをじっくりご相談させていただきます。

次へ

6.処置・治療をはじめます
内容に関してご理解、ご了承をいただいた後、プランに沿って処置・治療を開始します。

あなたはどのコース?

あなたはどのコース?
あなたはどのコース?
あなたはどのコース?
あなたはどのコース?

ホワイトニング料金

ホワイトニング料金

Q.ホワイトニングって、どんなもの?
ホワイトニングとは、歯を白く漂白する処置です。

今の歯の色よりも、白くなりますが、色のご指定はできません。
また、色の後戻りがありますので、定期的に処置を繰り返すことが必要です。
 

Q.どんな種類があるの?
オフィスホワイトニング歯科医院で行うもの)

歯科医院で専門のスタッフが行うもので、1~4回繰り返します。
料金は、1回7,000円(税抜)です。
ホームホワイトニングと併用されるのがおすすめです。

ホームホワイトニングご自宅で行うもの)
ホワイトニングジェルとトレーを用いて、ご自宅で行う方法です。
ホワイトニングをご自分のペースででき、ご来院の回数が少なくてすみます。
また、ジェルを追加購入していただけば、繰り返し使用可能です。
料金は、片顎15,000円(税抜)です。

ホワイトニング料金
※お得な料金プランのご用意があります!


Q.どちらの方法がいいの?
併用されるのがベストです。

オフィスホワイトニングは、一気に白くなりますが、後戻りは避けられません。
オフィスで一気に白くして、ホームで維持していただくと、より白さが長持ちします。
また、オフィスホワイトニングを定期的に(年1~2回)行うことをお勧めします。
 

Q.お得な料金プランは?
オフィスホワイトニングホームホワイトニングの併用がお勧めです

ホワイトニング料金
※価格は税抜価格になります。
 

Q.何回通えばいいの?
オフィスホワイトニング
1~4回ぐらい。(ご希望の色になるまでの回数には、個人差があります)

ホームホワイトニング
2回でホワイトニングの器具が出来上がります。

ご来院回数を少なく済ませたい方は下記のプランもご検討ください。
ホワイトニング料金
詳細は医院にお問い合わせください
お問い合わせはこちら


Q.どのくらい白くなるの?
効果は個人差があり、色の指定はできません。


Q.一度ホワイトニングをしたら、ずっと白いまま?
色の後戻りがあります。

ホームホワイトニングとの併用や、定期的なクリーニングで維持していただく必要があります。
また、コーヒー、カレーといった着色しやすい食べ物は、避けていただくのが望ましいです。


Q.痛くない?
痛みはありません。

まれに、歯肉にホワイトニング剤がふれて、刺激を感じる場合があります。
また、歯の薄い日本人に併せて調合された、最新のホワイトニング剤を使用いたしますので、知覚過敏の症状がほとんどありません。


※価格は税抜価格になります。
※カード支払OKです。(VISA、Master Card)

ホワイトニングのよくある質問

Q:ホワイトニングは誰でもできますか?
A:歯が成長過程にある18歳未満の方にはおすすめできません。それ以外の健康な方であればどなたでも可能ですが、効果の出やすさには個人差があります。ホワイトニングに適しているかどうかは、一度当院で診断をお受けください。

Q:むし歯や歯周病などの病気があっても大丈夫ですか?
A:むし歯や歯周病の患部にホワイトニング用の薬剤が触れると、炎症を起こす場合があります。軽症である場合にはオフィスホワイトニングをすることも可能ですが、まずは治療をおすすめします。

Q: 矯正治療中でもできますか?
A:歯の裏側につける矯正装置や取り外し可能な矯正装置をお使いであれば可能ですが、歯の表側に矯正装置をつけている方はできません。

Q:どのぐらい期間がかかるのでしょうか?
A:歯が白くなるまでの期間や回数には個人差があり、歯の状態やライフスタイルによって異なります。目安として、オフィスホワイトニングの場合は1~2回、ホームホワイトニングの場合は2~3週間ほどで効果を実感できます。

Q:詰め物や被せ物を白くすることはできますか?
A:ホワイトニングは天然歯に有効な処置で、詰め物や被せ物には効果がありません。現在の詰め物や被せ物を白くしたい場合には、新たに素材を取り替える必要があります。

Q:白くならないこともありますか?
A:基本的に白くならないことはありませんが、個人差により白さの限界は異なります。また、神経を抜いた歯や濃い茶色や灰色にまで変色してしまった歯、人工歯には効果は出ません。あらかじめご了承ください。

Q:歯科医院でのクリーニングとホワイトニングの違いは何ですか?
A:歯科医院でのクリーニングは、あくまで日々の歯磨きでは取り切れない汚れや歯石を除去するもので、ホワイトニングほどの効果はありません。白さや美しさを求めるのであれば、ホワイトニングをおすすめします。

Q:ホワイトニング用の歯磨き粉の効果はありますか?
A:市販の歯磨き粉とホワイトニング用の薬剤とでは成分がまったく異なり、日々の歯磨きでホワイトニングと同じ効果が得られることはありません。また歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、強くブラッシングすると歯の表面のエナメル質が傷ついてしまいますのでご注意ください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください