生まれ育った岡崎で開院しました

院長あいさつ

皆さん初めまして。ヒロデンタルオフィス院長の山本裕康です。
私は、この岡崎の地で生まれ育ちました。父と祖母が医師で、医療に興味がありました。さらに"物を作ること"が好きだった私は「楽しそうだから」と考えて歯学部に進みました。学生時代から、小児期から咬合を誘導する矯正治療に興味があり、発育や育成を学びたいと考えて小児歯科に進み、小児の咬合誘導や小児矯正を専門的に学びました。

臨床経験を積みたいと勤務した大学の先輩のクリニックでは、多くのお子様たちの小児矯正からご高齢の方の入れ歯治療まで、数多くの多様な症例に出会い、学びを深めました。

2005年に、チェア3台という規模で「ヒロデンタルオフィス」を開院。開院以来、副院長、スタッフ共に力を合わせて頑張ってきました。信頼するパートナーである副院長は妻で、大学の後輩です。おかげさまで多くの患者さんに来ていただけるようになり、増築して今日に至ります。

多くのお子様たちから元気をもらっています院長あいさつ
日々の診療の中で、特に印象に残るのは子どもたちです。治療やクリーニングを終えて、バイバイと元気に手を振ってくれるお子様たちの笑顔を見ると、疲れが吹き飛びます。

開業して約10年。赤ちゃんだった子が活発な小学生に育ち、こんにちはと来院してくれる。そんな成長を見守ることができるのは、地域に根差した歯科医院ならではの喜びだと思います。これから20年、30年と時を重ねるにつれ、もっと多くのお子様たち、そして多くの患者さんとの出会いが増え、さらなる喜びが増えていくのだろうと期待しています。

目指すところは、体の健康にも関わる歯科ドック

院長あいさつ治療はもちろん大切ですが、どれだけ高度な治療を受けるよりも、歯を守る方が確実で効果的です。そのために、ただ予防するだけでなく、まず精密診断を行い、あとは定期的なクリーニングで健康を保つ歯科ドックのような仕組みを作り、トータルに患者さんの健康に関わっていきたいと考えています。

ウイルスやばい菌はお口から入ることが多いので、病気を予防するという意味では、歯科医師はより直接的に皆さんの健康に貢献できると思っています。内科医と連携して遺伝子検査なども行い、体に合ったものを食べてもらって、お口の中をきれいにし、病気を予防して未病の状態で快適な毎日を過ごしていただくのが私の最終的な目標です。そのためには、食育や栄養指導、運動指導も積極的に取り組んでいきたいと考えています。

お口を守り、お口から健康に

院長あいさつどれだけ歯科医療が発達しても、一生維持できる人工の歯は作れません。神様が作った歯には、私たちの診療技術では勝てません。私は「これでよいと満足してしまっては成長できない」と考えているので、まだまだ新しいことを学んでいきたいと考えています。

常に変化し、常に進化し、現状に満足せず、さらなる成長を目指したい。そして、地域の中で、お口から健康を作り出していきたいと考えています。

ヒロデンと呼んでください!

院長あいさつ岡崎市37万人の人口に対して、当院の患者さんは約6千人、私にできることはささやかです。しかし、お子様からお年寄りの方まで幅広い年齢層のこの地域に貢献するために、専門的な領域に特化するのではなく、さまざまなニーズに応えられるオールラウンダーな歯科医師として診療に取り組んでいきたいと考えています。

スタッフ一同、皆さんに信頼され、親しんでいただき、可愛がっていただける歯科医院を目指しています。ヒロデンタルオフィスは、いつも皆さんの身近で役に立つ歯科医院でありたいと考えています。どうぞ「ヒロデン」と呼んで、お気軽に末永くお付き合いください。

院長経歴

院長あいさつヒロデンタルオフィス 院長 山本 裕康

【経歴】
2000年3月 日本歯科大学新潟歯学部(現新潟生命歯学部)卒業
2000年4月 群馬県 医療法人ひまわり会江本歯科医院勤務
2005年7月 ヒロデンタルオフィス開業

【所属学会】
日本小児科学会
日本顎咬合学会
日本歯科心身医学会
国際歯周内科学研究会
GDS(グローバルデンタルシステム)

【資格】
歯学博士(日本歯科大学新潟生命歯学部小児歯科学)
日本顎咬合学会認定医
GDS(グローバルデンタルシステム)総義歯認定医
日本糖尿病協会認定医
国際口腔インプラント学会認定医
インプラント認定(ITI・アストラ・カムログ・ノーベル)
アクアシステム(ブラケットレス矯正)認定
TBCS矯正認定
CEREC(セラミック修復)認定

院長あいさつ

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください